妊婦さんの便秘対策を考える

リラックスする女性

 

女性が生涯で必ず経験するのが月経です。

 

同じく経験するものですが、その期間が長い人もいれば短い人もいますし、生理痛がある人もいれば無い人もいます。

 

女性ホルモンが月経にどのように関係しているのでしょうか?また生理痛や生理不順とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか?

月経周期の中で変化する女性ホルモン

人によって月経周期に差はあるものの、その仕組みは大体同じです。

 

生理前の期間は高温期といって普段よりも0.3〜0.5度体温が高くなります。

 

この時期は排卵をしている時期でプロゲステロンの分泌量が増加します。プロゲステロンは水分を体内にため込むという性質を持っているので、普段水分がいきわたっていた部分に循環されなくなります。これが肌荒れや便秘の原因です。

 

高くなっていた体温が下がると生理が始まります。生理中は体温が低下したままになります。ホルモンの分泌量も減るため、エストロゲンもプロゲステロンも少ない状態です。ホルモンバランスが崩れにくく安定している時期なのです。

 

生理が終わると排卵日までの期間は体温が低い状態が続きます。

 

生理が終わったあたりから今度はエストロゲンの分泌量が増加してきます。エストロゲンは女性の美を保つホルモンなので肌の調子は絶好調です。

 

プロゲステロンとエストロゲンが入れ替わるように増えたり減ったりを繰り替えすことで月経周期が決まっているんですね。

とてもつらい生理痛との付き合い方

生理痛がひどく、日常生活もままならない人もいます。

 

逆に全く生活に支障がなく月経中であっても普段の生活とは変わらなく過ごしている人もいます。生理痛がある人にとって月経がはじまることはとても憂鬱ですよね。

 

生理痛がひどい人はプロスタグランジンというホルモンが普通の人より過剰に分泌されていることが多いです。

 

プロスタグランジンはその周期に必要なくなった子宮内膜を外へと排出させるために子宮を収縮させる働きがあります。

 

出産時に起こる陣痛も子宮収縮なのでプロスタグランジンが作用しています。このことから分かるようにプロスタグランジンは痛みの成分でもあるんですね。

 

一概に生理痛と言っても単純にこのプロスタグランジンの作用とは限りません。冷え性や生活習慣の乱れ、ストレスが原因の場合もあります。その原因は何なのか見極めるのが重要です。

生理不順は病気の可能性もある

生理不順も簡単に考えてはいけません。

 

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣機能不全が原因の事もあるんです。毎月定期的に来ない人や、来ていたのに急に遅れ始めた人は迷わず婦人科を受診しましょう。早期発見が自分を守る重要なポイントです。

 

生理痛・生理不順どちらも解決するには生活の見直しが最重要です。特に冷え性は改善をオススメします。ホルモンが乱れてしまっては何の解決もしません。温かい飲み物を飲んだり、お風呂にゆっくり浸かったり出来ることから始めましょう。

関連ページ

女性ホルモンの種類と働き
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
ホルモンバランスが崩れるとどうなる?
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
妊娠・出産と女性ホルモンの関係性
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
エストロゲン依存症とはどんな病気?
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
女性ホルモンは不妊にも関係ある?
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
女性ホルモンが原因?髪に関する悩みとの関係性
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
女性の大敵!体毛やムダ毛と女性ホルモンの関係
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
肌のトラブルにも影響?生活習慣と女性ホルモン
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。
胸の大きさを気にする女性が多い!遺伝が原因?
妊娠中のホルモンバランスに関わる妊婦さんの体の悩みについてコラムにまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
便秘の原因 便秘対策 ホルモンの関係